結局オリンピック後はホテルが余るようです

以下、年2016年5月の日経新聞の記事からです。

政府は一般住宅に旅行者らを有料で泊める「民泊」の全面解禁に向けた原案をまとめた。マンションなどを所有する貸主がネットで簡単な手続きを済ませれば、旅館業法上の許可なしで部屋を貸し出せるようになる。いまは禁じている住宅地での営業も認める。都市部を中心に足りなくなっている宿泊施設を増やし、訪日外国人の拡大につなげる。

で、今年6月10日の産経新聞の記事がこちら、

東京五輪後にあたる令和3(2021)年は、主要9都市のホテル客室数が需要を上回る-。こんな試算を不動産サービス会社の「CBRE」が10日、発表した。訪日外国人客の増加を見込んだ宿泊施設の建設ラッシュが続いているためで、同社はホテル同士の競争激化で「優勝劣敗が生じる可能性がある」と分析した。

オリンピックまで宿泊施設が足りなくなる!という話が持ち上がって民泊の法律が早く出来たと言われていたのに、結局、都市部を中心にホテルが余るってことじゃないですか。

民泊解禁の法律って、東京オリンピックまでホテル業界が何もしないという前提に立って作った法律?なんでしょうか。

現実を見れば、以前から近隣の住民が迷惑して困っているという民泊が許可になり、オリンピック後はそれら民泊も含めた宿泊施設の過剰供給で廃業するホテルや旅館も増えるだろうということに…

オリンピックの時期も宿泊施設は間に合うと言っていたシンクタンクもあったし、ホテル業界でもある程度の反対運動や集会があったのを記憶していますが、その後、あっと言う間に法律が出来ちゃった感じです。

民泊を違法のままで取り締まるよりも、法律を作って厳しく指導した方が良いという意見もあるようで(でもこの法律は許可制じゃなく申告制なんです)そこのところは結果としてこれからよく見ていく必要があると思いますが、とにかく法律っていうのはこうやって簡単に作られていくのだなというのが感想です。

関連してこんな記事もありました。興味のある方はご覧ください。

アパホテルが五輪後の「供給過多」を怖れず拡大戦略に走る理由

さすがアパホテルは強いなという感じです。

ディズニーランド&シーへの送迎シャトルバスはホテルのページで確認

今年(2019年)2月の何日からだったか、正確には覚えていませんが、ディズニーランドとディズニーシーへのシャトルバスの乗り入れが有料になりました。

理由は、今ディズニーランド側に新しい駐車場を建設中だったり、新しいアトラクション建設があったりで費用を捻出するためと言われています。

近隣のホテルなどはそれまで無料で乗り入れをしていたのですが、有料になったためディズニーランドとディズニーシーへの送迎をやめてしまったホテルがいくつかあります。

私の知っているホテルも今は送迎をやめてしまっているのですが、やはり乗り入れ料金がかなり高額なためにやめたらしいということでした。(社長さんに聞いたわけじゃありませんが、従業員みんなの認識ではそういうことだそうです)

それまでそのホテルのホームページにはディズニーランドとディズニーシー送迎の時刻表が出ていましたが、今は舞浜駅までの送迎についての案内だけになっています。

ところがです。

まだ数ヶ月しか経っていないので、ネットの情報ではだそのホテルはディズニーランドとディズニーシーへ送迎していると書かれているものがあります。

もちろん利用客の便利を考えて料金を払ってそのまま送迎しているホテルもあります。

で、いまざっと調べてみましたが、ホテルマイステイズ舞浜や日和ホテル、舞浜ユーラシアなどすぐ近くにあるホテルは送迎をやめてしまったようですね。

と言っても、これらのホテルならランドやシーは歩いても15分~20分くらいでしょうからそれほど問題はないかもしれませんが…

というわけで、

ホテルからディズニーランド、ディズニーシーへのシャトルバス利用を泊まる条件に考えている方は、かならずホテルのホームページで確認してからご利用ください。

ホテルの南京虫(トコジラミ)に注意しましょう!

これは二年前の投稿ですが、トリップアドバイザーに以下のようなクチコミがありました。

南京虫(トコジラミ)がいます
ホテル○忠 チェントロの口コミ
口コミを投稿:2016年10月17日

南京虫に刺され、布団にいる成虫(8mmほど)を殺してフロントに持って行き、部屋を変えましたが、南京虫がいる理由は外国人客が多いかららしいです。駆除もする気がないような話でした。外国人客が多いから南京虫がいても問題なしですか? 南京虫は服について自宅に持ち帰ったりしてしまうと自宅にも発生し駆除は非常に困難です。このホテルはこの件について何も感じていないようです。刺された後を見せたらすいませんぐらいで何の詫びもないです。

たまたま見つけた二年前の投稿ですがホテル名まで出されて少しかわいそう?でも何の対応もしなかったということですから、しかたないですかね。

実は、おそらく二年前よりも今の方が全体にひどい状況になっているかもしれないので注意してください。

これは最近の話、私が知っているホテルでも南京虫がある一室で発生し、駆除した上でその部屋のベッドやカーペットなどもすべて捨てました。ここ数年多い理由は上の投稿でもあるように外国人旅行者が増えたためというのは確実なようです。

外国人旅行者、これはもう分かっているというかどこのホテルも認識していることなので言いますが、多くは台湾、中国からの旅行者が持ち込んでいます。

以下、南京虫についてウィキペディアからです。

飢餓に強く、実験室内での実験ではあるが18ヶ月間も無吸血で生存したという記録がある。トコジラミはふつう夜間に吸血するが、厳密には夜行性ではなく、暗ければ昼間でも吸血することがある。普段は明かりを嫌い、壁の割れ目など隙間に潜んでいる。

先ほどの私の知っているホテルでも柱と壁の隙間にびっしりとかなりの数がいたそうで、駆除にかなり時間がかかったと聞きました。

南京虫=トコジラミという名前ですが、これってシラミ類じゃなくて吸血性のカメムシなんです。シラミなんかより大きいですから目でみてもすぐわかります。

旅行者の中には刺されたのはわかってもホテルに苦情を言わず、家に帰ってから病院で南京虫でしょうと言われるケースもあるようです。

かゆみは刺された当日よりも2日目以降の方が強い。刺咬の痕跡は1ないし2週間以上消えない。

もし、南京虫に刺されたとわかったら、あるいは疑いがあればすぐに部屋を代えてもらってください。ホテルや旅館側ははじめとぼけるかもしれませんが、南京虫については間違いなくホテル側は知っていて実は心配しています。ですから、渋るようなら大声で『南京虫が!』と言えば言うことを聞くはずですが、どうかな。

外国人旅行者が持ち込むにしても一気に全部屋に広がるなんてことはたぶん無いとは思いますが、念のため代わった部屋も安心しないで壁と柱の隙間なんかをよく見てください。

もし何もしてくれないなら、ホテルを代えて(無理?)クチコミサイトでみんなに知らせましょう。いい加減なホテルには罰を与えた方が旅行者みんなのためです。

最後にトコジラミの画像載せようと思いましたが、やっぱり気が乗らないので見たい方はこちらをどうぞ。

トラベルコがCM「比較サイトナンバーワン」

テレビを見ていたら『比較サイトナンバーワン』とうフレーズでトラベルトの新しいCMが放映されていました。

当サイトはホテル予約に特化というところから始まっているので、比較サイトの紹介はホテル専門の比較サイトであるトリバゴだけになっていますが、旅行総合比較サイトとしてトラベルコもとても良いサイトだと認識しています。

あらためてサイトを見てみることにしましょう。

東京都内のホテルを検索してみました。

パソコンでぱっと見た感じは、一件あたりの情報が縦長で色合いもあっさりした感じで、文字の大きさや濃さはトリバゴの方が見やすいような気がします。

それ以外にトリバゴと何か違うなと思ってよく見るとホテル一覧にしようされている写真に違いがありました。トリバゴは一例としてホテルの外観のほかに部屋の写真も多く載せていますが、トラベルコはホテルの外観がほとんどのようです。

見た目はそんなところですが、一番の違いは提携する予約サイトの違いでしょう。

すぐわかるのは、トラベルコの一覧には多くのホテルでじゃらんnetが掲載されていますが、現在トリバゴでは見ることがありません。以前は出ていたのですが、提携をやめたのかもしれません。

その他、トリバゴは怪しげな海外系の予約サイトも多く出てきますが、トラベルコではほとんどがよく知られたサイトで安心感もあります。

トリバゴもこのあたり改善してほしいなと思います。あまり知らない海外系の薄利多売サイトを増やしてもトラブルが増えるだけですからね。

以下は都内のホテルを検索した際に出てきた予約サイトです。

じゃらん.net / 楽天トラベル / JTB / るるぶトラベル / Yahoo!トラベル / 一休.com / 近畿日本ツーリスト / 日本旅行 / エクスペディア / Booking.com / Hotels.com / オズモール / 東武トップツアーズ / agoda / dトラベル / 名鉄観光 / らくだ倶楽部 / 阪急交通社 / ゆこゆこ / マップルトラベル / マイナビトラベル / Trip.com / Relux

トリバゴと共通するサイトも多いですが、けっこう違いがあることがわかります。

トラベルコはホテル専門の比較サイトではありませんが、最近サイトをリニューアルしてからテレビCMも盛んになり、機能も増しているようですのでぜひご利用ください。トリバゴとトラベルコの両方で比較してみるのも良いかもしれませんね。

オリコンのランキングをあらためて見てみたら「格安ホテル比較サイトのランキング・比較」で1位なんですね。これ見るまでは旅行総合比較のランキングかと思っていました。

オリコン
https://life.oricon.co.jp/rank-bargain-hotels-website/

でもこのランキング、6位のトリップアドバイザーは比較サイトというか、正しくはクチコミサイトで、ほかトリバゴ以外はあまり聞いたことがないサイトだなあ…こりゃ1位になるか。

しかしトリバゴが…5位とは。

世界ナンバーワンの比較サイト、トリバゴ元気ないですね。

あれだけうるさく感じていたCMも最近少ないし、どうしたトリバゴ!東京オリンピックに向けて気合入れましょうよ。

トリップアドバイザーについて

トリップアドバイザー(tripadvisor)とは?

クチコミサイトか料金比較サイトなのか? ちょっと分かりづらいサイトですが、今日はこのサイトに注目してみたいと思います。

トリップアドバイザーのサイト紹介ページ『トリップアドバイザーは、世界最大の旅行サイトです。』とあります。

多くのサイトがこの「世界最大の…」を使うわけですが、見方によっては世界最大が多いわけです。

それはともかく、このページでわかることは、トリップアドバイザーとは、世界中で集めた口コミデータを紹介すると同時に、その膨大な数の口コミデータによってホテルや観光スポット、グルメなどをランキングで紹介するというのが基本部分のようです。

目的地を決めてホテル一覧を見てみると、トリバゴにとてもよく似た一覧が表示され、ホテルの料金比較サイトとして利用できるます。その後の利用方法はトリバゴと同じでホテル予約サイトにバトンタッチするということになります。

予約サイトの口コミ情報と違う点

トリップアドバイザーの口コミを書くというページを開いてみると『訪れた場所についての口コミを書きましょう』という見出しのページで目的地や施設、を入力すると「口コミのタイトル」や「口コミの本分」という入力フォームが現れます。

つまり、ホテルや観光地についてだれでも口コミを投稿できるということなんです。

それに対し、じゃらんnetや楽天トラベルなどのホテル予約サイトでは実際にホテルを予約し宿泊した人しか口コミ情報を書き込むことができません。

口コミ情報の信頼性という意味ではホテル予約サイトの方が上と言っていいでしょう。

その中でも、じゃらんnetは以前から口コミの信頼性が一番だと言われているサイトですのでおすすめです。

尚、ホテル予約サイトの中でもホテルズドットコムではトリップアドバイザーの情報を口コミ情報として運営しています。

ホテル予約専門のサイト

タイトルにあるように予約サイトの中からホテル予約の専門サイトを分類し紹介したいと思います。

例えば、トリバゴで予約サイトにバトンタッチしたサイトはすべてホテルの予約が出来るサイトではありますが、これらはホテルの予約を専門で行っているサイトだけとは限りません。

例えば、JTBやエクスペディアのようなサイトはツアーパッケージや航空券、鉄道も予約できる総合旅行予約サイトという位置付けになっています。

トリバゴ経由で予約したあとでサイトを見たときに、メニューが多すぎて分かりづらいと感じる人もいるようです。

さてそれではシンプルにホテルの予約だけを専門にしているサイトとはどんなサイトか?当サイトで紹介している予約サイトの中から抽出して分類してみます。

ホテル予約専門サイト

◆ アゴダ(Agoda.com)
◆ AMOMA.com(Amoma.com)
◆ アップルワールド(Appleworld.com)
◆ ブッキングドットコム(Booking.com)
◆ DESTINIA(Destinia.jp)
◆ ELVOLINE.com(Elvoline.com)
◆ ホテルズドットコム(Hotels.com)
◆ 一休.com(Ikyu.com)
◆ Otel.com(Otel.com)
◆ RELUX(Rlx.jp)
◆ TICATI.com(Ticati.com)
◆ ゆこゆこ(Yukoyuko.net)

総合旅行予約サイト

◆ エクスペディア(Expedia.co.jp)
◆ じゃらんnet(Jalan.net)
◆ JTB(Jtb.co.jp)
◆ 近畿日本ツーリスト(Knt.co.jp)
◆ 日本旅行(Nta.co.jp)
◆ 楽天トラベル(Travel.rakuten.co.jp)
◆ るるぶトラベル(Rurubu.travel)

その他

◆ OZmaill(Ozmall.co.jp)

OZmaillは機能だけみればホテル予約専門サイトとしたいところですが、このサイト全体が「女性向けウェブサイト」となっているのでとりあえず分類を分けています。

東京で大浴場のあるホテル

以下に大浴場のあるホテルをざっと調べて一覧にしてみましたので参考にしてください。

アパとドーミーインのふたつのホテルチェーンが多いことに気づきます。大浴場のあるホテルに泊まりたいと思っている方はこのふたつの名前だけ覚えておけば大丈夫かもしれません。今回、東京限定で調べましたが、ふたつとも全国規模の大きなホテルチェーンですので地方出張の際も利用できると思いますので、ぜひご利用ください。

千代田区 神田セントラルホテル
千代田区 すえひろの湯 ドーミーイン秋葉原
千代田区 明神の湯ドーミーインPREMIUM神田
中央区 亀島川温泉 新川の湯 ドーミーイン東京八丁堀
中央区 伝馬の湯 ドーミーインPREMIUM東京小伝馬町
港区 アネックスチェックイン新橋 男性のみ
港区 アパホテル〈品川 泉岳寺駅前〉
渋谷区 ドーミーインPREMIUM渋谷神宮前
目黒区 ドーミーインEXPRESS目黒青葉台
新宿区 スーパーホテル新宿歌舞伎町
新宿区 新宿区役所前カプセルホテル
新宿区 アパホテル〈新宿 歌舞伎町タワー〉
新宿区 アパホテル〈新宿御苑前〉
台東区 浅草セントラルホテル 男女入れ替え制
台東区 徒士の湯 ドーミーイン上野・御徒町
台東区 アパホテル〈浅草 田原町駅前〉
台東区 アパホテル〈浅草 蔵前〉
墨田区 スーパーホテル東京錦糸町駅前
墨田区 ホテルファミーINN錦糸町 男性のみ
江東区 東京木場ホテル
江東区 アパホテル〈東京潮見駅前〉
品川区 ホテルルートイン五反田
品川区 アワーズイン阪急
杉並区 安心お宿プレミア荻窪店 男性のみ
豊島区 スーパーホテルLohas池袋駅北口
豊島区 アパホテル〈巣鴨駅前〉
荒川区 ときわホテル
板橋区 ホテルヒルトップ
板橋区 カプセルホテルサウナ太陽 男性のみ
足立区 ホテルココ・グラン北千住
足立区 カプセルホテル&サウナ銀河 男性のみ
葛飾区 カプセルホテル レインボー 男性のみ
葛飾区 ホテルアカイ 男性のみ
江戸川区 ホテルシーサイド江戸川

東京都内のホテルについてはこちらのサイトに詳しく載っています。
東京格安ホテル案内

予約確認のメールが来ないとき

このサイトへは「トリバゴ 」での検索から来られている方も多いようですので、まずはそこからお話します。

ときどき問い合わせフォームから『トリバゴからメールが来ない』や『トリバゴの予約確認』といった内容のメールをいただきますが、トリバゴ は料金の比較サイトで、比較した一覧から部屋を選ぶと各予約サイトへバトンタッチされ、実際の予約処理は予約サイト側が行うというしくみになっています。

従いまして、トリバゴからメールが来るということはなく、予約が成立した場合は移動先の予約サイトからメールが来ることになります。

その上で、予約確認のメールが来ない、という場合の原因については以下のようなケースが考えられます。

サーバー側の問題

まずは予約サイト側のシステムの処理タイミングによるもの。またメールサーバーの処理の遅れによるもの。

これらが理由の場合は時間が経てばメールが送られてくるでしょう。

迷惑メール設定

メールが迷惑メールとして処理されてしまう場合もありますので、迷惑メールフォルダを確認してみましょう。

入力ミス

メールアドレスの入力ミス。ほとんどは確認用を含めて二回入力しますが、間違ったアドレスをコピペで貼り付けて登録してしまうケースもあるようです。

予約サイトが分かっていれば、問い合わせて間違っていないか確認してみましょう。

予約の未完了

予約処理が最後まで終わっていない。終わったと勘違いしてページを閉じてしまった。この場合はブラウザの履歴を見るといいでしょう。

Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)やGoogle Chrome(グーグルクローム)、Firefox(ファイヤーフォックス)などどのブラウザでもページの表示履歴を参照することができますので、これでどの予約サイトを使ったかもわかります。

履歴を残さないように設定していた場合で、実際に予約が行われたのかどうかを確認したい場合はカード会社、またはホテルが分かっていればホテルにに問い合わせるなどしてみましょう。

ただし、ホテルに予約情報が伝わるのは予約サイトによってタイミングに違いがありますことをご承知ください。

おすすめの予約方法

ホテルをネットから予約する際、いつも信頼できる決まった予約サイトで予約するという方もいれば、中にはとにかく最安値であればぜんぜん知らない予約サイトでもかまわないという方もいると思います。

後者の方に注意してほしいのはトリバゴなどの比較サイトに出てくる海外系の予約サイトにはトラブルが起きた際などに連絡をしようとすると、電話が国際電話だけだったり、連絡方法が海外へのメールのみだったりというサイトも多いということですが、その辺りは当サイトの中で詳しく書かれていますので興味のある方は参考にしてください。

ひとつの例として、おすすめする予約方法は次のようなものです。

  1. まずは泊まりたい部屋を探す。トリバゴや他の予約サイト、この時点ではどれでもいいと思います。
  2. 気に入ったホテルがあったら信頼できる「じゃらんnetの口コミ」でホテルの評判を見る。
  3. 泊まりたいホテルが決まったら、トリバゴの料金比較を順番に見て、最安値を選ぶ。ただし、そのサイトが海外の薄利多売系のサイトの場合、もし英語に不安がある方は、最安値でない海外メジャーサイトか国内企業系サイトを順番に選ぶ。
  4. トリバゴからバトンタッチしたサイトと、現在トリバゴに掲載されていないじゃらんnetなどのサイト、またはトラベルコなどの他の比較サイトでも料金を比較してみる。

まああまり時間をかけすぎると予約で一杯なんてこともあるかもしれませんが… こんな感じならひとまず安心かなと思います。

上記の3については以下に分けておきましょう。尚、以下は当サイトで現在解説しているサイトで、トリバゴに掲載されている、または過去にされていたサイトを中心に選んでいます。

国内企業系サイト

アップルワールド(Appleworld.com)
一休.com(Ikyu.com)
じゃらんnet(Jalan.net)
JTB(Jtb.co.jp)
近畿日本ツーリスト(Knt.co.jp)
日本旅行(Nta.co.jp)
OZmaill(Ozmall.co.jp)
楽天トラベル(Travel.rakuten.co.jp)
RELUX(Rlx.jp)
るるぶトラベル(Rurubu.travel)
ゆこゆこ(Yukoyuko.net)

海外メジャー系サイト

アゴダ(Agoda.com)
ブッキングドットコム(Booking.com)
エクスペディア(Expedia.co.jp)
ホテルズドットコム(Hotels.com)

海外薄利多売系サイト

AMOMA.com(Amoma.com)
DESTINIA(Destinia.jp)
ELVOLINE.com(Elvoline.com)
Otel.com(Otel.com)
TICATI.com(Ticati.com)
Trip.com(Trip.com)

口コミランキングサイトの紹介

当サイトでも利用している、旅行予約関連のカテゴリーがある口コミ (クチコミ) ランキングサイトを二つ紹介します。

みん評「旅行予約サイトの口コミ・評判ランキング一覧」
https://minhyo.jp/ryokou-yoyaku

調査時は「じゃらんnet」が一位「dトラベル」が二位、楽天トラベルが三位…となっています。

この「dトラベル」あまり聞かないサイトかと思ったら、これはNTTドコモが運営するサイトのようです。でもロゴの横に「supported by JTB」とありますから、実際の予約処理はJTBが行うのでしょう。

口コミの件数が少ない、というか偏りがあるので素直にランキング順位を信じるのは難しいかもしれませんが、読んでみて口コミ投稿自体は実際の投稿のようですので参考になると思います。

また、大手旅行会社などの口コミはツアーに対する口コミが多いので、ホテル予約専門サイトと同じように比較するというわけにはいきませんが、トラブル時の対応を含めた会社の体質などは分かるのではないかと思います。

もうひとつ、「ランクルー」というサイトを紹介します。

ランクルー「宿泊予約のランキング」
http://rankroo.jp/ranking.php?category_id=77

現在のランキング一位は「じゃらんnet」、二位が「楽天トラベル」、三位「一休.com」となっています。

こちらは、宿泊予約だけのランキングでタイトルだけ見るととてもいいのですが、残念ながら口コミ件数が少なすぎる感じがします。今後、件数が増えることを期待しましょう。

その他、口コミは参考程度ですが、オリコンのランキングに海外と国内の旅行予約ランキングがありますのでご紹介します。

旅行予約サイト 国内旅行のランキング・比較
https://life.oricon.co.jp/rank-travel-website/domestic/

旅行予約サイト 海外旅行のランキング・比較
https://life.oricon.co.jp/rank-travel-website/overseas/

どうぞ参考にしてください。