舞浜駅北口バス送迎情報 2019-09

ローカルな情報ですが、ディズニーリゾートの利用者も多いと思いますのでお知らせします。

2019年9月24日から11月30日まで、舞浜駅北口の工事に伴ない、一部ホテルの送迎バスの乗り場が北口から南口に変更となっています。

変更になるホテルは、ホテルマイステイズ舞浜、日和ホテル、舞浜ユーラシア舞浜、ユーラシアアネックスなどで、バスは乗降時刻も変更になっている場合もありますので、必ず各ホテルのホームページ等で確認してください。

この中で、舞浜駅北口に案内係を出しているホテルもありますが、時間帯によっては係がいない場合もあるようです。

不明な場合はホテルに直接ご確認ください。

また、アパホテル、ナイスイン、変なホテルは夜間のみの送迎のため工事の影響がなく、今まで通り舞浜駅北口での乗降となっている様です。

オリンピック時の宿泊料金が異常に高い?

オリンピック

東京オリンピック開催時は宿泊料金の高騰はある程度予想されているわけですが、調べてみるとこれが驚くような値上がり方のようだと言われています。

ということで、宿泊料金高騰に関する記事を以下いくつか紹介します。


【便乗値上げ!?】東京オリンピックの都内のホテル代が異常に高い!?カプセルホテルが14000円!?

一説によると組織委員会が都内のホテルを全部仮押さえしたという噂もありますが、いかがなものでしょうか。


東京五輪、高“値”の花の都内ホテル…狙い目は近隣県と民泊

ある旅行関係者は、「会場周辺のホテルは非常に高くなるが、神奈川、埼玉、千葉などの宿泊施設はそれほど上がっていない。費用を抑えるには民泊の活用も手だ」とする。


東京オリンピック時のホテル料金が驚愕の値上げ

なぜ銀座のビジネスホテルはリーズナブルなのかも謎です。競技場から遠いのかな。でも3万円も違ったら遠くてもせめて銀座に泊まります。いやいや、その前に3万円でビジネスホテルに泊まるなんて絶対嫌です。


あのアパホテルが一泊3万円!爆買い中国人殺到で東京・大阪は泊まるところがない

ウチは各ホテルの定価の1・8倍を上限に支配人に価格を設定する裁量を認めています。他の国ではオリンピックの時期なら5倍、10倍になってもおかしくはない。


以上、需要と供給の論理だけではない要因で値上がりするようなところもあるようですが、あまりやり過ぎると人が離れてしまうかもしれませんよね。

部屋を替えてもらおう!

hotel0917

どんなホテルでも客室稼働率100パーセントというとまころはまずありません。

私が知っているディズニーランド近くの人気ホテルでも、繁忙期でさえ100パーセントということはないと言っていました。

ですから、部屋に入って部屋に不備があった場合は遠慮なく『部屋を替えてください。』とフロンとに言いましょう。

どんな場合に部屋を替えてくれる?というのをホテルマンに聞いてみました。

  • 窓の外がうるさい。
  • 隣の部屋がうるさい。(修学旅行とか、若いカップルとか…)
  • エアコンの効きが悪い。
  • 部屋の中に虫がいる。(クモ、ゴキ…)
  • 寝てたらなんか痒い。(ダニ、ナンキン…)
  • 風呂に髪の毛が落ちている。
  • 変なにおいがする。
  • テレビの映りが悪い。
  • 幽霊が出た!

旅行や出張で気持ちよく過ごしたいと思うのは当たり前のこと、良心的な、いや普通のホテルなら当たり前のように替えてくれるはずです。

どこも同じではないかもしれませんが、遠慮せずにフロントに連絡しましょう。

とは言ってもお互い人間ですから、あまり高圧的に言うと逆効果です。できるだけ穏やかに言いましょう。

もし、それでも対応が悪かったら?ネット掲示板等で詳しく紹介してあげましょう。

部屋への苦情で多いのは?

hotel09172

じゃらんや楽天など実際に宿泊された方のクチコミ欄への苦情を見ていてどんな苦情が多いのか?

について、いくつかのホテルで調べてみました。

スタッフの対応や設備などさまざまな苦情がありますが、その中で今日は部屋についての苦情を取り上げてみたいと思います。

  • 掃除
    ベッドの下にゴミや空き缶がある。
    冷蔵庫の中に飲みかけのペットボトルがある。
    ベッドの上にくつしたがある。
    浴槽やシャワーの回りに髪の毛が落ちている。またはまとわりついている。(髪の毛が一番嫌がられるようですね。)
    ※最近人手不足で、ろくに掃除していないホテルがあるということも実際に聞いています。人件費を安く抑えようとしすぎて、従業員が辞めちゃってるとか…給料上げてやんなさい。

  • 原因不明の強いかゆみに襲われる。(南京虫かもしれません)
    壁の隙間にびっしり虫がいるのが見える(南京虫かもしれませんね。けっこう大きいんです。)
    蜘蛛がいる。(大人でも苦手な人が多いです)
    シーツに虫の死骸がある。
    露天風呂付きの部屋で外に出たらワラジムシだらけ。使えない。
    ※南京虫のかゆみは刺された当日よりも2日目以降の方が強いそうで、連泊の方なら気づくかもしれないですけが家に帰ってからわかる場合も多いようで、けっこう泣き寝入りする場合もあるようですね。
  • 騒音
    壁が薄くて廊下や隣の部屋の音が聞こえる。
    夜中に何か不気味な音がする。
    最上階の部屋なのに上から足音が聞こえる。
    エアコンがうるさい。
    暴走族がうるさい。
  • 部屋の設備
    シャワーのみでバスタブなし。(最近多いですから事前に確認を)
    エアコンが調節できない。寒すぎ&暑すぎ。
    内線電話が無い。(最近増えました)
    トイレの使い方がわからない。(変なところにボタンが)
  • とりあえず今日はこんなところで。

じゃらんや楽天のクチコミは信用できる?

これは実際にホテル関係者の知り合いから聞いた話ですが、ホテルに対しクレームや苦情を入れたお客さんが、予約したじゃらんや楽天でそれを書くというのは思ったよりも少ないそうです。

苦情がないにしても、気にいらない部分をクチコミで書く人はおそらく少なく、楽しい旅だったと締めくくる意味でも良い評価をする人が多いんだろうな…と。

そのホテルはリゾート地に近いホテルですが、恋人同士で笑顔でお帰りになった方が☆五つを付けてくれるのが多いと言っていました。

5star

楽しく滞在できれば細かなことは気にならないようです。壁やシーツの汚れも目に見えません。

それに対し、友人同士や家族で来た場合(時間を持て余してしまうのか)部屋のあら探しをするような人がたまにいて、ゴミや汚れ、フロントの対応…と比較するとクレームが多いと言っていました。

そんなわけで、じゃらんや楽天のクチコミはあまり信用しすぎない方がいいそうです。

ただ、☆ひとつや☆ふたつのクチコミ記事には注目!作り話であまり苦情は書かないでしょうし、どうしても我慢できなくて書かれた苦情は真実だと思っていいかもしれません。

そしてそれに対するホテルのお偉いさんの返信は信じてはダメです。

『この度はご迷惑を…必ずや改善させていただきます。』

クチコミコメントからではほとんど改善などしないと思っていいです。

(ホテルによるでしょうけど)

毎年同じ苦情に毎回同じコメントでは信用できないということです。

結局オリンピック後はホテルが余るようです

以下、年2016年5月の日経新聞の記事からです。

政府は一般住宅に旅行者らを有料で泊める「民泊」の全面解禁に向けた原案をまとめた。マンションなどを所有する貸主がネットで簡単な手続きを済ませれば、旅館業法上の許可なしで部屋を貸し出せるようになる。いまは禁じている住宅地での営業も認める。都市部を中心に足りなくなっている宿泊施設を増やし、訪日外国人の拡大につなげる。

で、今年6月10日の産経新聞の記事がこちら、

東京五輪後にあたる令和3(2021)年は、主要9都市のホテル客室数が需要を上回る-。こんな試算を不動産サービス会社の「CBRE」が10日、発表した。訪日外国人客の増加を見込んだ宿泊施設の建設ラッシュが続いているためで、同社はホテル同士の競争激化で「優勝劣敗が生じる可能性がある」と分析した。

オリンピックまで宿泊施設が足りなくなる!という話が持ち上がって民泊の法律が早く出来たと言われていたのに、結局、都市部を中心にホテルが余るってことじゃないですか。

民泊解禁の法律って、東京オリンピックまでホテル業界が何もしないという前提に立って作った法律?なんでしょうか。

現実を見れば、以前から近隣の住民が迷惑して困っているという民泊が許可になり、オリンピック後はそれら民泊も含めた宿泊施設の過剰供給で廃業するホテルや旅館も増えるだろうということに…

オリンピックの時期も宿泊施設は間に合うと言っていたシンクタンクもあったし、ホテル業界でもある程度の反対運動や集会があったのを記憶していますが、その後、あっと言う間に法律が出来ちゃった感じです。

民泊を違法のままで取り締まるよりも、法律を作って厳しく指導した方が良いという意見もあるようで(でもこの法律は許可制じゃなく申告制なんです)そこのところは結果としてこれからよく見ていく必要があると思いますが、とにかく法律っていうのはこうやって簡単に作られていくのだなというのが感想です。

関連してこんな記事もありました。興味のある方はご覧ください。

アパホテルが五輪後の「供給過多」を怖れず拡大戦略に走る理由

さすがアパホテルは強いなという感じです。

ディズニーランド&シーへの送迎シャトルバスはホテルのページで確認

今年(2019年)2月の何日からだったか、正確には覚えていませんが、ディズニーランドとディズニーシーへのシャトルバスの乗り入れが有料になりました。

理由は、今ディズニーランド側に新しい駐車場を建設中だったり、新しいアトラクション建設があったりで費用を捻出するためと言われています。

近隣のホテルなどはそれまで無料で乗り入れをしていたのですが、有料になったためディズニーランドとディズニーシーへの送迎をやめてしまったホテルがいくつかあります。

私の知っているホテルも今は送迎をやめてしまっているのですが、やはり乗り入れ料金がかなり高額なためにやめたらしいということでした。(社長さんに聞いたわけじゃありませんが、従業員みんなの認識ではそういうことだそうです)

それまでそのホテルのホームページにはディズニーランドとディズニーシー送迎の時刻表が出ていましたが、今は舞浜駅までの送迎についての案内だけになっています。

ところがです。

まだ数ヶ月しか経っていないので、ネットの情報ではだそのホテルはディズニーランドとディズニーシーへ送迎していると書かれているものがあります。

もちろん利用客の便利を考えて料金を払ってそのまま送迎しているホテルもあります。

で、いまざっと調べてみましたが、ホテルマイステイズ舞浜や日和ホテル、舞浜ユーラシアなどすぐ近くにあるホテルは送迎をやめてしまったようですね。

と言っても、これらのホテルならランドやシーは歩いても15分~20分くらいでしょうからそれほど問題はないかもしれませんが…

というわけで、

ホテルからディズニーランド、ディズニーシーへのシャトルバス利用を泊まる条件に考えている方は、かならずホテルのホームページで確認してからご利用ください。

ホテルの南京虫(トコジラミ)に注意しましょう!

ナンキンムシ トコジラミ_雑誌

これは二年前の投稿ですが、トリップアドバイザーに以下のようなクチコミがありました。

南京虫(トコジラミ)がいます
ホテル○忠 チェントロの口コミ
口コミを投稿:2016年10月17日

南京虫に刺され、布団にいる成虫(8mmほど)を殺してフロントに持って行き、部屋を変えましたが、南京虫がいる理由は外国人客が多いかららしいです。駆除もする気がないような話でした。外国人客が多いから南京虫がいても問題なしですか? 南京虫は服について自宅に持ち帰ったりしてしまうと自宅にも発生し駆除は非常に困難です。このホテルはこの件について何も感じていないようです。刺された後を見せたらすいませんぐらいで何の詫びもないです。

たまたま見つけた二年前の投稿です。(ここでは○で隠しましたが)ホテル名まで出されて少しかわいそう?でも何の対応もしなかったということですから、しかたないですかね。

実は、おそらく二年前よりも今の方が全体にひどい状況になっているかもしれないので注意してください。

これは最近の話、私が知っているホテルでも南京虫がある一室で発生し、駆除した上でその部屋のベッドやカーペットなどもすべて捨てました。ここ数年多い理由は上の投稿でもあるように外国人旅行者が増えたためというのは確実なようです。

外国人旅行者、これはもう分かっているというかどこのホテルも認識していることなので言いますが、多くは台湾、中国からの旅行者が持ち込んでいる、と言われています。

以下、南京虫についてウィキペディアからです。

飢餓に強く、実験室内での実験ではあるが18ヶ月間も無吸血で生存したという記録がある。トコジラミはふつう夜間に吸血するが、厳密には夜行性ではなく、暗ければ昼間でも吸血することがある。普段は明かりを嫌い、壁の割れ目など隙間に潜んでいる。

先ほどの私の知っているホテルでも柱と壁の隙間にびっしりとかなりの数がいたそうで、駆除にかなり時間がかかったと聞きました。

南京虫=トコジラミという名前ですが、これってシラミ類じゃなくて吸血性のカメムシなんです。シラミなんかより大きいですから目でみてもすぐわかります。

旅行者の中には刺されたのはわかってもホテルに苦情を言わず、家に帰ってから病院で南京虫でしょうと言われるケースもあるようです。

かゆみは刺された当日よりも2日目以降の方が強い。刺咬の痕跡は1ないし2週間以上消えない。

もし、南京虫に刺されたとわかったら、あるいは疑いがあればすぐに部屋を代えてもらってください。とぼけるところもあるかもしれませんが、南京虫の存在や被害についてはほぼ間違いなくホテル業界の人は知っていていつも心配しています。諦めないで交渉してください。

外国人旅行者が持ち込むにしても一気に全部屋に広がるなんてことはたぶん無いとは思いますが、念のため代わった部屋も安心しないで壁と柱の隙間なんかをよく見てください。

もし何もしてくれないなら、ホテルを出てクチコミサイトでみんなに知らるしか無いのかもしれません。(クチコミで広めますよと言えば、部屋替えてくれるかな?)

最後にトコジラミの画像載せようと思いましたが、やっぱり気が乗らないので見たい方はこちらをどうぞ。

トコジラミ – Wikipedia

トラベルコがCM「比較サイトナンバーワン」

テレビを見ていたら『比較サイトナンバーワン』とうフレーズでトラベルトの新しいCMが放映されていました。

当サイトはホテル予約に特化というところから始まっているので、比較サイトの紹介はホテル専門の比較サイトであるトリバゴだけになっていますが、旅行総合比較サイトとしてトラベルコもとても良いサイトだと認識しています。

あらためてサイトを見てみることにしましょう。

東京都内のホテルを検索してみました。

パソコンでぱっと見た感じは、一件あたりの情報が縦長で色合いもあっさりした感じで、文字の大きさや濃さはトリバゴの方が見やすいような気がします。

それ以外にトリバゴと何か違うなと思ってよく見るとホテル一覧にしようされている写真に違いがありました。トリバゴは一例としてホテルの外観のほかに部屋の写真も多く載せていますが、トラベルコはホテルの外観がほとんどのようです。

見た目はそんなところですが、一番の違いは提携する予約サイトの違いでしょう。

すぐわかるのは、トラベルコの一覧には多くのホテルでじゃらんnetが掲載されていますが、現在トリバゴでは見ることがありません。以前は出ていたのですが、提携をやめたのかもしれません。

その他、トリバゴは怪しげな海外系の予約サイトも多く出てきますが、トラベルコではほとんどがよく知られたサイトで安心感もあります。

トリバゴもこのあたり改善してほしいなと思います。あまり知らない海外系の薄利多売サイトを増やしてもトラブルが増えるだけですからね。

以下は都内のホテルを検索した際に出てきた予約サイトです。

じゃらん.net / 楽天トラベル / JTB / るるぶトラベル / Yahoo!トラベル / 一休.com / 近畿日本ツーリスト / 日本旅行 / エクスペディア / Booking.com / Hotels.com / オズモール / 東武トップツアーズ / agoda / dトラベル / 名鉄観光 / らくだ倶楽部 / 阪急交通社 / ゆこゆこ / マップルトラベル / マイナビトラベル / Trip.com / Relux

トリバゴと共通するサイトも多いですが、けっこう違いがあることがわかります。

トラベルコはホテル専門の比較サイトではありませんが、最近サイトをリニューアルしてからテレビCMも盛んになり、機能も増しているようですのでぜひご利用ください。トリバゴとトラベルコの両方で比較してみるのも良いかもしれませんね。

オリコンのランキングをあらためて見てみたら「格安ホテル比較サイトのランキング・比較」で1位なんですね。これ見るまでは旅行総合比較のランキングかと思っていました。

オリコン
https://life.oricon.co.jp/rank-bargain-hotels-website/

でもこのランキング、6位のトリップアドバイザーは比較サイトというか、正しくはクチコミサイトで、ほかトリバゴ以外はあまり聞いたことがないサイトだなあ…こりゃ1位になるか。

しかしトリバゴが…5位とは。

世界ナンバーワンの比較サイト、トリバゴ元気ないですね。

あれだけうるさく感じていたCMも最近少ないし、どうしたトリバゴ!東京オリンピックに向けて気合入れましょうよ。

トリップアドバイザーについて

トリップアドバイザー(tripadvisor)とは?

クチコミサイトか料金比較サイトなのか? ちょっと分かりづらいサイトですが、今日はこのサイトに注目してみたいと思います。

トリップアドバイザーのサイト紹介ページ『トリップアドバイザーは、世界最大の旅行サイトです。』とあります。

多くのサイトがこの「世界最大の…」を使うわけですが、見方によっては世界最大が多いわけです。

それはともかく、このページでわかることは、トリップアドバイザーとは、世界中で集めた口コミデータを紹介すると同時に、その膨大な数の口コミデータによってホテルや観光スポット、グルメなどをランキングで紹介するというのが基本部分のようです。

目的地を決めてホテル一覧を見てみると、トリバゴにとてもよく似た一覧が表示され、ホテルの料金比較サイトとして利用できるます。その後の利用方法はトリバゴと同じでホテル予約サイトにバトンタッチするということになります。

予約サイトの口コミ情報と違う点

トリップアドバイザーの口コミを書くというページを開いてみると『訪れた場所についての口コミを書きましょう』という見出しのページで目的地や施設、を入力すると「口コミのタイトル」や「口コミの本分」という入力フォームが現れます。

つまり、ホテルや観光地についてだれでも口コミを投稿できるということなんです。

それに対し、じゃらんnetや楽天トラベルなどのホテル予約サイトでは実際にホテルを予約し宿泊した人しか口コミ情報を書き込むことができません。

口コミ情報の信頼性という意味ではホテル予約サイトの方が上と言っていいでしょう。

その中でも、じゃらんnetは以前から口コミの信頼性が一番だと言われているサイトですのでおすすめです。

尚、ホテル予約サイトの中でもホテルズドットコムではトリップアドバイザーの情報を口コミ情報として運営しています。