ホテル予約サイトの分類

予約サイトを分類してみましょう

テレビCMやネットの広告で見るホテルの予約サイト、それからトリバゴに出てくる見慣れない予約サイト、一口に予約サイトと言ってもさまざまなものがありますので、ここで少し分類してみたいと思います。

比較サイトであるトリバゴやトラベルコ、ホテルズコンバインズなどのサイトは予約サイトではありません。これらは予約サイトにバトンを渡す窓口サイトということになります。

自社で完結するサイト

アップルワールドの解説を見ると、いくつかの中間業者を利用して、最安値のルートを探してユーザーに提供しているということが書いてありますが、説明は無くとも多くのサイトはこのようなルートでサイトを運営しているものと思われます。

他社へリンクしてバトンを渡すのではなく最終的にそのサイトで予約を完結させますので、その後の支払いや問い合わせもそのサイトに対して行うことになります。

また中間業者を使わず直接ホテルとやりとりする部分も当然あると思います。そういう比率が多いサイトもあるでしょうし、資金量のある会社では大量に部屋を押さえてサイト格安販売する場合もありますが、そのあたりの実態は調べてもなかなか分かりずらいところです。

他社へバトンタッチするサイト

予約サイトでも比較サイトのように最終窓口にならないサイトやそういったカテゴリーを持つサイトも多くあります。

例えばH.I.Sやじゃらんnetのツアー予約、るるぶや同じグループのJTBでの海外ホテル予約など、これらは比較サイトではありませんが、予約を途中で他社のサイトにバトンタッチします。

比較結果は表示しませんが、おそらく提携サイトの中で最もおすすめするサイト(最も安い料金のサイトかどうかは分かりません)へバトンタッチをして予約時に手数料を貰っているものと思われます。

これらを利用すると途中からページが切り替わって最初訪れたサイトとは違うサイトでの予約になります。

じゃらんnetなどでは切り替わりの際にちゃんとアナウンスしていますが、中にはいつ切り変わったのが分かりづらいサイトもありますのでご注意ください。

Aというサイトで予約したつもりなのに、Bというサイトから予約確認のメールが来て不思議に思ってしまう人もいるようです。

海外系のメジャーサイト

海外系のサイトでテレビCMなどでよく知られたホテル予約サイトもあります。例えばブッキングドットコムやホテルズドットコム、エクスペディアなどです。

これらは日本に拠点もあり、電話も国内の電話で日本語が通じます。後で述べる薄利多売サイトとは違いますので、トリバゴで出てきた際も一緒にしないようにした方が良いと思います。

とは言え、さまざまなクチコミなどを見れば、トラブルがあった場合などはやはり国内企業が運営するサイトの方が安心感があるのは認めざるを得ません。

注意したい薄利多売専門サイト

当サイトメニューの「主なホテル予約サイトの紹介」でも個別に書いていますが、 AMOMA.com、Trip.com、Otel.com、ELVOLINE.com、TICATI.com、DESTINIAなどは先ほど紹介したメジャーサイトと同じ海外系ではありますが、これらは多くの国でトリバゴなどのサイトや広告を使って顧客を誘導し予約手数料を稼ぐ薄利多売サイトです。

トリバゴでも最安値料金で顔を出して、バトンタッチさせ自動翻訳を駆使してして予約完了まで持っていこうとします。

もちろん安い料金で予約できるわけですし、海外では評価の高いサイトもありますので一概に悪いサイトと言うことはできません。

ただ、個別解説でも書いている通り、何かトラブルになった場合、その後のやり取りが解決まですんなりと行かない場合が多いということは言えると思います。

日本語が通用しないのはもちろん、指定される電話が有料国際電話である、などなどネットで探してもいろいろな問題が出てきます。

当サイトとしては『安ければそれも覚悟の上』という方以外にはあまりおすすめできません。

トリバゴにはいろんなサイトが出てきます。一度ゆっくり眺めてみるのもいいですね。

トリバゴ